カウンター

獣医師向けの継続教育活動

NPO小動物疾患研究所では獣医師向けの継続教育として、米国のWVC(西部獣医師会)の設備内のオクエンドセンターにて、「WVC獣医師外科セミナー」を企画・運営しています。「WVC主催のセミナーとは」をお読みください。

●2019年2月28日-3月2日
T201902-2 (2).jpg

-こちら終了いたしました-
2019年2月28日-3月2日(木金土)の3日間
Dr.William Culp の日本人向け頭部、頸部のすべて    
Dr.William Culp (カルフォニア大学教授)シリーズ
最大26名様限定
セミナー費用:283,000円
詳細はこちら

●2019年12月9日-11日
T201912.jpg

2019年12月9日(月)~12月11日(水)の3日間
Dr. Brian Bealeの日本人向け整形外科のすべて
全3回シリーズの2回目、Advances(アドバーンス)コース
最大28名様限定
セミナー費用:258,000円
詳細はこちら
お申込みフォームはこちら

●2019年10月21日-23日
T201910.jpg

2019年10月21日-23日(月火水)の3日間
Dr.William Culp の日本人向け泌尿器、皮膚形成、胃腸器
Dr.William Culp (カルフォニア大学教授)シリーズ
最大26名様限定
セミナー費用:283,000円
詳細はこちら
お申込みフォームはこちら

●2020年2月14日-16日
T202002.jpg

2020年WVC大会の直前の、2月14日(木)-16日(土)<Dr.William Culp の日本人向けのセミナー、テーマ「腫瘍外科」-予定->が決定しました。WCVの Conventionは、17日(日)から始まり、展示は18日(月)から始まります。
詳細は決定次第、同HP上に掲載いたします。ご登録いただいた方には他の情報もあわせてメールにてお知らせいたします。ご希望の方はこちらよりご登録ください

●2019年11月7日-8日
201911hawaii2.jpg

--WVC獣医師外科セミナーでおなじみのDr.Brian Bealeのセミナー開催--
今年度第65回ハワイ獣医師会年次大会では、毎年恒例の、講師Dr. Brian BealeとDr.Don Hulseの整形外科セミナーで日本語の通訳付きは2日間行われました。NPO小動物疾患研究所ではこのセミナーより、各種の学会のセミナーを専門に行う「株式会社ティ・アイ・コンソーシア」に添乗員なしのツアーをお願しており、ハワイ獣医師会「Dr. Brian Beale.のセミナー」参加をお考えの方にNPO小動物疾患研究所関係者限定企画実施もありました。この企画は2019年度の第66回ハワイ獣医師会年次大会においても実施されます。

<2019年度の日程>
2019年11月7日(木)~8日(金)2日間の実習セミナー
「講師Dr. Brian BealeとDr.Don Hulseによる整形外科」
<主催>
第66回ハワイ獣医師会年次大会
11月8日(金)~10日(日)3日間
<場所>Hilton Hotel Wikiki Beach
<スポンサー>
Veterinary Orthopedic Implant、
Intrauma(フクシン)
詳細はこちら

ご挨拶

>>>>理事長 小宮山典寛

ts1.jpg

伴侶動物は近年私たちの生活の中に欠かせない存在となりつつあります。過去10年間に何らかの伴侶動物を飼育していた人(現在飼っている人も含む)は、国民の半数を超えるという統計結果も出ています。また飼育している伴侶動物も犬、猫をはじめとして、ウサギやハムスター、カメなどその種類も多様化しています。しかし、家族の一員としての伴侶動物が増えている一方で、様々な問題を抱えていることもまた事実であります。

支援のお願い

>>小型動物の病気解明のため役立てられます

ts5.jpg

小動物疾患研究所では、皆様からのご寄付を随時募集しています。ご都合や希望にあったかたちでご支援をお願いいたします。