T5_wvc2.jpg

アクセスカウンター

次回のセミナー予告


●2021年2月11日-13日<Dr. William Culp の皮膚皮弁系、再建手術、頭部(開頭術)の外科>

●2021年6月20日-22日<Dr. Brian Bealeの日本人向け整形外科のすべて・Advancesコース

●2022年<Dr. Brian Bealeの日本人向け整形外科のすべて・Masterコース>※予定

2021年2月開催予定

Dr. William Culp 、Dr. Jim Perry、Dr. Ameet Singhのセミナー開催概要

日 程 :2021年2月11日(木)-2月13日(土)
内 容 :Dr. William Culp 、Dr. Jim Perry、Dr. Ameet Singhのセミナー
     皮膚皮弁系、再建手術、頭部(開頭術)の外科
セミナー費用:286,000円(26名様限定)

1010-2.png

主催:
Western Veterinary Conference (WVC) 
企画・運営:
特定非営利活動法人 小動物疾患研究所
(理事長小宮山典寛)
後援:
有限会社スピリッツ HJS事務局 
日本獣医救急医療研究会
日本獣医クリティカルケア&マネージメント研究会
特別協賛:
株式会社 V and P(VetzPetz )
ペットコミュニケーションズ株式会社
協賛:
テルコム株式会社 
講師/通訳:
・Dr.William Culp, VMD, DACVS(カリフォルニア大学デービス校の教授)
・Dr. Jim Perry, DVM. phD ,ACVIM ,ACVS (ペンシルバニア大学、助教授)
・Dr. Ameet Singh . BSc, DVM, DVSc, ACVS (オンタリオ大学の外科の助教授)
・通訳者:久保田朋子先生

お申込締切日:最終締め切り 2021年2月5日(金)


2021年のWestern Veterinary Conference (WVC)の大会の日程は2月14日(日)から17日(水)となります。そのためWVCのすべての大会への参加も可能となります。今回の大会の特筆すべき点は、WVCのとても素晴らしい新築のOquendo Centerで開催する記念すべき大会であることです。この機会に展示への参加ご希望の方は、是非ご相談ください。月曜日から3日間行われます。

お申込みはこちら

▲INDEXに戻る

2021年2月11日-13日開催

内容詳細

Dr.William Culpの皮膚皮弁系、再建手術、頭部(開頭術)の外科

コーディネーター 小宮山典寛

4.png 2021年のWestern Veterinary Conference (WVC)の大会の日程は2月14日(日)から17日(水)となります。ゆえに、WVCのすべての大会に参加も可能です。今回の大会の特筆すべき点は、WVCのとても素晴らしい新築のOquendo Centerで開催する記念すべき大会であることです。展示に参加ご希望の方は、是非ご相談ください。月曜日からの3日間行われます。

 今回のオクエンドセンターでの実習は、外科手術の中級から上級者を対象に、構成され、多くの外科手術が学べます。初日は皮膚の皮弁と皮膚の再建手術の原理原則と有軸皮弁を学びます。この実習では、代表的なテクニックである、H形成術。回転皮弁;尾側浅腹壁皮弁、胸腹壁皮弁を学びます。また初日の午後の講義は乳腺腫瘍へのアプローチです。知るべき代表的な手術である限局性乳房切除を学びます。実習では、犬においては片側性根治的乳房切除術、猫においては軸性襞状皮弁と鼠径襞状皮弁を学びます。どれも良くある症例の手術です。行うにあたって、知らねばならぬ、正しいアプローチが学べます。
12.png
 2日目の午前のテーマは、頭部の腫瘍の再建手術のためのテクニックです。講義では頭部の手術の症例の多い、尾側耳介部皮弁摘出術、口腔鼻腔瘻修復術、硬口蓋転位皮弁、口角皮弁を学びます。実習も同様の手術です。午前の最後の講義は、頭蓋骨腫瘍、開頭術(頭蓋骨切除術)頭蓋欠損の再建手術についてです。特に知っておくべきテクニックとしての開頭術(頭蓋骨切除術)を実習で行います。もちろん頭蓋欠損の再建手術も同時に学べます。これらは実習でしか学べない手術として有名な手術で、あえて言えば上級者向けの手術で、今回のメインテーマと言えるでしょう。知るべき予後の管理も学んでください。
3.png
 3日目の最終日の午前は、ポイントを知らないと苦労する手術で、胸壁の損傷と腫瘍、胸壁と横隔膜の欠損の再建手術の講義です。これらの手術も実習でないと学び難い手術です。午後の実習も同じ胸壁の損傷と腫瘍、胸壁と横隔膜の欠損の再建手術です。午後は趾節骨の骨折の講義で。実習では、指列の切除術、尾の先端切断の適応とテクニックです。普段はあまりない症例ですが、知れば応用の利くテクニックです。
19.png 今回も少し欲張ったテーマとなり、盛り沢山ですが、事前に予習することで、有効な時間になると思います。講師の先生は2人ではなく、外科の専門医である3人にお願いしておりますので、実習の際にも、各テーブルに待ち時間が少なく、十分に実習が堪能できると思います。3人の専門医の招聘にはそれだけ経費が掛かりますが、この実習は、無駄な経費を極力かけずに企画しているので、より参加しやすく効果的に学べると思います。

また講義のテキストとは別に、講演のスライドのPDFを、会場でCDにて配布するよう講師に要望し手配をしていますので、より理解しやすい講演になると思います。

<WVC獣医師外科セミナーの特徴>
1)内閣府認定のNPO法人の企画・運営で営利を目的としていないこと
2)獣医師が管理し、獣医師が運営し、獣医師の団体が後援していること。
3)後援する団体、協賛する各社のスポンサー方式を組織していること。
4)NPO法人ゆえに、利益目的でなく、参加費用をできるだけ低く設定していること。
5)セミナー申込金等の各種追加料金が発生しないこと。
6)招聘の講師数は、参加者8人つき一人とオクエンドセンター基準に合致。
7)セミナー中にハンドアウトのPDF版を参加者にPDFにて配布
8)セミナー最終日又は後日、使用したスライドのPDF版を参加者にPDFにて配布。
9)講義前の予習用に講義の参考資料等を、可能な場合メールにて事前に配布。
10)講義後の参加者に講義・実習等のDVDを、無料にて、終了1ヵ月後に配布。
11)指定ホテルの場合は、WVCよりディスカウントコードが提供されます。
12)指定の旅行会社により手数料各5400円にて飛行機、ホテル等の予約が可能
13)自身でも旅行社の選定ができ、公明正大で利権にとらわれない。
14)このWVCの海外セミナーには、申し込み金等の規定がありませんので、不必要。
15)大学、専門病院等からインストラクターを招待して、実習の補助も行う予定。
16)開催時期は参加者の安心・安全を第一に考えて設定することを心がけています。
17)受講時間が72、120、168時間に達する当研究所認定の別の終了証書も予定。
18)認定病院制度があり、参加回数や時間によって認定病院と認められます。

WVC201812DVD-Photo.jpg

過去のセミナーにて、参加者に配布した講義・実習等のムービーDVD

お申込みはこちら

▲INDEXに戻る

2021年3月4日-6日開催

プログラム

・Dr.William Culp, VMD, DACVS(カリフォルニア大学デービス校の教授)
・Dr. Jim Perry, DVM. phD ,ACVIM ,ACVS (ペンシルバニア大学、助教授)
・Dr. Ameet Singh . BSc, DVM, DVSc, ACVS (オンタリオ大学の外科の助教授)
・通訳者:久保田朋子先生


Day Time Topics Instructors
3月4日: 8:30am-10am 講義1 – 皮膚と皮弁の再建手術の原則。
第1日目 有軸皮弁
皮膚皮弁 10am-10:15am 休息時間

10:15am-noon 実習 1- H形成術。回転皮弁; All

尾側浅腹壁皮弁、胸腹壁皮弁

Noon-1 pm 昼食

1pm-2:30pm 講義2

2pm-5pm 実習2-乳腺腫瘍へのアプローチ。限局性乳房切除–犬;片側性根治的乳房切除術 All

   猫;軸性襞状皮弁、鼠径襞状皮弁
3月5日: 8am-10am 講義 3–頭部の腫瘍の再建手術のためのテクニック
第2日目 10am-10:15am 休息時間
頭部の 10:15am-12:30am 実習 3-尾側耳介部皮弁摘出術、口腔鼻腔瘻修復術、硬口蓋転位皮弁、口角皮弁 All
再建手術 12:30am-1:30am 昼食

1:30am-2:30pm 講義 4–頭蓋骨腫瘍、開頭術(頭蓋骨切除術) All

頭蓋欠損の再建手術

2:30pm-5pm 実習 4-開頭術(頭蓋骨切除術) All

頭蓋欠損の再建手術
3月6日: 8:00am-10:00 講義 5–
第3日目 胸壁の損傷と腫瘍:
再建手術 胸壁と横隔膜の欠損の再建手術

10am-10:15am 休息時間

10:15am-noon 実習 5- All

胸壁と横隔膜の欠損の再建手術

Noon-1 pm 昼食

1pm-2pm 講義 6 -趾節骨の骨折、

2pm-5pm 実習 6-指列の切除術、 All

尾の先端切断の適応とテクニック

※プログラムの時間配分が少し変更になりました、5月24日現在内容には変更はありません。
※ オクエンドセンターにて毎回、軽い朝食が用意されます。
※ 講義の初めにDr.ピース又は小宮山からのご挨拶があります。
※ 初日に夕食会(懇親会)を予定しています。
※ 最終日には授与式と記念写真が行われます。

参考までに、下記は英文のスケジュール表です。
Day Time Topics Instructors
March 4:
Day 1:
Skin Flaps
8:30am-10:00 Lecture1 - Principles of flaps and skin
reconstruction;
Axial pattern flaps
10am-10:15am Refreshment Break
10:15am-noon Lab 1 - H-plasty; All
Rotational flap;
Caudal superficial epigastric flap
Thoracodorsal flap
Noon-1 pm Lunch
1pm-2:30pm Lecture 2 –
Approach to mammary neoplasia;
Regional Mastectomy – Dog; Unilateral Radical
Mastectomy – Cat;
Axial fold flap; Inguinal fold flap

2pm-5pm Lab 2 - Regional Mastectomy – All
Dog; Unilateral Radical Mastectomy –
Cat; Axial fold flap; Inguinal fold flap
March 5:
Day 2:
Reconstruction Procedures of the Head
8am-9:00am Lecture 3 -
Enucleation with caudal auricular flap;
Repair of oronasal fistula; Hard

palate transposition flap, Angularis oris flap
9:00-9:15am Refreshment Break
9:15am-11:30 am Lab 3 -
Enucleation with caudal auricular flap;
Repair of oronasal fistula; Hard palate transposition
flap, Angularis oris flap
All
11:30am-12:30 pm Lunch
12:30 pm-2:30pm Lecture 4 -
Tumors of the skull;
Craniotomy Reconstruction of skull defects

2:30pm-5pm Lab 4 - Craniotomy; Reconstruction of skull defects All
March 6:
Day 3:
Reconstruction
8am-10am Lecture 5 -
Thoracic wall injury and thoracic wall tumors;
Reconstruction of the thoracic wall;
Diaphragm advancement

10am-10:15am Refreshment Break
10:15am-noon Lecture 5 -
Reconstruction of the thoracic wall;
Diaphragm advancement
All
Noon-1 pm Lunch
1pm-2pm Lecture 6 -
Phalangeal fillet; digit amputation; high tail amputation
– indications and techniques

2pm-5pm Lab 6 -
Phalangeal fillet; digit amputation; high tail amputation
All

※ Breakfast prepared in Oquendo Center.
※ Pre-laboratory greetings. Greetings of the beginning lecture Dr.komiyama.


▲INDEXに戻る

2021年6月20日-22日 -再・開催日決定-

Dr. Brian Bealeの整形外科セミナー全3回シリーズの2回目
Advancesコース開催概要

日 程 :2021年6月20日-22日 の3日間
内 容 :Dr. Brian Bealeの日本人向け整形外科のすべて、全3回シリーズの3回目、
Advancesコース、最大28名様限定
セミナー費用:278,000円 

1010-2.png

主催:
Western Veterinary Conference (WVC) 
企画・運営:
特定非営利活動法人 小動物疾患研究所
(理事長小宮山典寛)
後援:
有限会社スピリッツ HJS事務局 
日本獣医救急医療研究会
日本獣医クリティカルケア&マネージメント研究会
特別協賛:
株式会社 V and P(VetzPetz )
ペットコミュニケーションズ株式会社
協賛:
テルコム株式会社 

講師/WVCの規定に準じて講師は3名
・Dr. Brian Beale
 (Gulf Coast Veterinary Specialists)
・Dr Caleb Hudson
 (Gulf Coast Veterinary Specialists)
・是枝哲彰先生( 藤井寺動物病院 )
・通訳者:久保田朋子先生

<予定内容:最新2020.2.18>
1日目:骨折の変形症(特に小型犬)
2日目:トイ犬種の橈尺骨骨折 
3日目:膝蓋骨内側の脱臼と前十字靭帯断裂の難治例の併発例
*内容が変更になりました。

お申込みはこちら

▲INDEXに戻る

2022年開催予定

Dr. Brian Bealeの整形外科セミナー全3回シリーズの3回目
Master(マスター)コース 開催概要

日 程 :2022年(予定)
内 容 :Dr. Brian Bealeの日本人向け整形外科のすべて、全3回シリーズの3回目、
Master(マスター)コース、最大28名様限定
セミナー費用:278,000円 ―申込金はWVCの規定にありませんー

1010-2.png

主催:
Western Veterinary Conference (WVC) 
企画・運営:
特定非営利活動法人 小動物疾患研究所
(理事長小宮山典寛)
後援:
有限会社スピリッツ HJS事務局 
日本獣医救急医療研究会
日本獣医クリティカルケア&マネージメント研究会
特別協賛:
株式会社 V and P(VetzPetz )
ペットコミュニケーションズ株式会社
協賛:
テルコム株式会社 
講師/通訳:
・Dr. Brian Beale(Gulf Coast Veterinary Specialists)
・Dr Caleb Hudson (Gulf Coast Veterinary Specialists)
・是枝哲彰先生( 藤井寺動物病院 )
・通訳者:久保田朋子先生


※内容詳細は決まり次第、随時掲載いたします。


お申込みはこちら

▲INDEXに戻る

ページの先頭へ