T5_wvc2.jpg

カウンター

第66回ハワイ獣医師会年次大会「Dr. Brian Beale.のセミナー」info-

第66回ハワイ獣医師会年次大会参加ツアーのお知らせ

ハワイ獣医師会年次大会「Dr. Brian Bealeのセミナー」へのお誘い

日 程    : 2019年11月7日(木)~8日(金) 2日間 実習セミナー
主 催    : 第66回ハワイ獣医師会年次大会(11月8日(金)~10日(日)3日間)
場 所    : Hilton Hotel Wikiki Beach
スポンサー  : Veterinary Orthopedic Implant、Intrauma(フクシン)

VOI社は日本語でのメールの注文が出来ます。担当はボーランくみさんです。お知らせいただければ、彼女のメールアドレスをお知らせします。  

hawaii56-4.jpgハワイ獣医師会年次大会のセミナーのご案内です。
毎年恒例の、講師Dr. Brian BealeとDr.Don Hulseの整形外科セミナーで日本語の通訳付きは2日間行われます。2日目は、大会セミナーの初日と重なります。また今年度より、日本人の参加者が、各々自由に学会の登録がクレジットカードで出来るような制度に変えて頂きました。誰でもが簡単に登録(今までは小切手の送付が原則)できるようになりました。この制度改革により、参加者が増えることが予測され、学会の責任者であるDr,AKOも大いに期待していらっしゃいます。

前回より、各種の学会のセミナーを専門に行う「株式会社ティ・アイ・コンソーシア添乗員なしのツアーをお願いしています。この会社はWVC外科実習セミナーでも手配のみをお願いしています。東京都獣医師会の旅行(オランダ&ドイツ動物保護施設視察ツアー)も手掛けている信頼性の高い企業視察研修専門の大手企業です。登録の代行、飛行機の手配、ホテルの手配等が自由にできます。
●ツアー参加申込書PDFはこちら

株式会社ティ・アイ・コンソーシアではNPO小動物疾患研究所関係者限定<先着30名様、ホノルル5泊7日>の特別企画も予定しております。

日本人個人参加者においても、 International Registration.(国際登録) を利用せずに、Annual Conference(年次大会)から、Registration(登録)を選び、Log in now or join HVMA(大会への参加)からの登録でも、我々日本人の登録がクレジットカードにて出来ますので、御利用ください。

大会の詳細なご案内はハワイ獣医師会年次大会のホームページに、8月頃には発表されると思います。

▲INDEXに戻る

セミナー内容詳細

  • ■1日目 11月7日
  •    ・骨盤骨折
  •    ・骨盤脱臼
  • ■2日目 11月8日
  •    ・上腕骨の骨折
  •    ・上腕骨の遠位のY骨折

ハワイ獣医師会の年次大会にて毎年行われており定評の「 Dr. Brian Bealeの整形外科セミナー」はDr.Brian BealeとDr.Don Hulseの師弟コンビによる恒例のセミナーです。今回は講義と骨のモデルを使用した実習となります。初日午前のメインテーマは、主に骨盤骨折に起因する諸問題を扱います。午後も骨盤の脱臼に於けるいろいろな問題を取り扱います。

2日目の午前のメインテーマは、主に上腕骨の骨折について。午後は、特に上腕骨の遠位のY骨折についてです。今回も盛沢山の欲張った内容となっておりますがご理解くださいとのこと。始めに講義その後に実習です。もし時間に余裕があれば、各々が知りたい手術も学ぶことが可能かもしれません。どうぞ講師である経験豊かな外科専門医(Dr.Brian BealeとDr.Don Hulse)にお尋ねください。

※この個人での登録の際には、ハワイ獣医師大会のテキストの文章が、インターネット経由でダウンロードできる、パスワードが送られてきます。不明の参加者は、私にお尋ねください。

●展示のスケジュール
  11月8日(金)8:00am – 5:00pm
  11月9日(土)8:00am – 6:00pm
  11月10日(日)8:00am – 4:00pm



▲INDEXに戻る

プログラム

【11月7日(木)】 -大会の獣医師登録が必要です。20名限定

獣医師 実習 日本語の通訳付き
9:00 AM 骨盤骨折 Pelvic Fractures
10:00 AM 実習
腸骨骨折の修復 大転子骨折の修復
Laboratory  ilial fracture repair Acetabular fracture repair
12:00 PM 昼食 Lunch
1:30 PM 犬と猫の仙腸関節の脱臼と骨折
SI luxation and sacral fractures in dogs and cats
2:30 PM 実習
犬と猫の仙腸関節の脱臼
Laboratory  SI luxation – dog  SI luxation – cat
4:00 PM 終了 End of Day


【11月8日(金)】 -大会の獣医師登録が必要です。20名限定

獣医師 実習 
9:00 AM 上腕骨の骨折 Humeral shaft fracture
10:00 AM 実習
上腕骨の骨折-プレートロッドによる直接的な整復
Laboratory Humeral shat fracture – direct reduction with plate-rod
12:00 PM 昼食の休憩
1:30 PM 上腕骨の遠位のY骨折 Y-fractures of distal humerus
2:30 PM 実習
Y骨折のダブルプレートとレグスクリューによる修復
Laboratory Y fracture repair with double plates and lag screw
4:00 PM 終了 End of Day

▲INDEXに戻る

講師紹介

dr_BrianBeale.jpgDr. Brian Beale.
1985年にフロリダ大学にてD.V.Mを取得。その後、フレンドシップホスピタルにてインターン、 フロリダ大学にて外科のレジデンス、そして1991年に外科専門医療を摂取し、フロリダ大学獣医学部の助教授となり、1992年にGulf coast veterinary specialistsに所属し、現在はテキサスA&M大学獣医学部の非常勤助教授でもあります。彼は毎日曜日の夜の午後8時の番組のKTRH(AM740)にて、「あなたのペットの健康」でホストとして活躍もしています。また彼は世界の国際的な獣医学会議での招待講演者です。

dr_DonHulse.jpgDr.Don Hulse.
1970年にテキサスA & M大学にてD.V.Mを取得。その後、1973年カンザス州立大学にて外科のレジデンス、1977年に米国獣医外科専門医(ACVS)を取得し、その後ル イジアナ州立大学、オクラホマ州立大学にて外科専門医として1984年まで勤務し、その後はテキサスA&M大学の整形外科の教授を務めていました。彼は獣 医界の整形外科をリードする先駆者であり、世界の国際的な獣医学会議での招待講演者です。ここ10年以上はオースティンエリアにて手術を行っており、AUSTIN VETERINARY EMERGENCY & SPECIALTYのパートナーに所属しています。

▲INDEXに戻る

ページの先頭へ